株式会社大阪砕石工業所へはこちら
TOP > 会社案内
会社案内
会社案内

骨材のパイオニアとしてトータルサポートを提供します

〜 骨材生産のプロ集団として 〜

 弊社の母体となる大阪砕石工業所は、創業者石田旗太が創設した関西初の砕石工場を基盤とし、昭和9年に設立いたしました。当時は、海砂や河川砂利が主流でしたが、「これからは砕石が重要な社会基盤となる」という確信のもと、より品質の良いものを、より安定的に供給するために、未知の分野であった砕石の製造に挑むこととしました。以来、第二次世界大戦など多くの困難の中にあっても着実に砕石業を営んでまいりました。
 以前から、いくつかの砕石の現地生産にかかわっておりましたが、昭和27年の北海道桂沢ダム建設において、ダム用骨材の現地生産工事に本格的に取り組むこととなりました。その後、原石山の開発、現地の自然条件や様々な地形に合わせた製造プラントの設置、施工条件や自然環境に従った要求品質の確保など、工場生産とは異なる多様な問題を乗り越えて、全国はもとより海外においても多くの実績を重ねてまいりました。
 現在まで、現地での骨材製造プラントの計画、設置、運転管理、品質管理、原石山の計画、開発、発破採取、ダム堤体の掘削から盛立、打設などを通じて全国のダム建設に貢献するとともに、高速道路や関西国際空港などの埋め立て用原石の発破、採取、運搬等、大型の一般土木工事も行ってまいりました。また、土木技術の発展とともに骨材の生産品質管理の高度化に対応し、RCD工法やCSG工法などの新たな品質管理や技術にも取り組み、着実な実績を重ねております。
 このように大阪砕石工業所として、道路や鉄道などの基礎資材となる各種砕石や砕砂を製造・供給する「砕石事業」と骨材生産のプロ集団として、ダム工事や大型土木工事の各分野で豊富な実績を有する「工事事業」の二つの事業を主要な柱として、豊かな国土を創造する社会資本の整備に貢献する中、さらなる進化・発展を目指すにあたり、工事事業部門を独立させ、平成26年4月に大阪砕石エンジニアリング株式会社(大阪砕石工業所100%出資会社)を設立いたしました。
 自然との共生が大きなテーマとなる現在、大阪砕石エンジニアリングは豊かな社会と環境づくりに貢献できる企業として、創業以来受け継いできた「誠実と勉強」の精神と、「石を通じて社会資本の充実に寄与する」との信念をもって、“経験と実績に基づいた確かな技術”と“未来を見据えた新たな技術”、そして“柔軟な発想”によって、お客様の要求に応え安全安心な社会資本の構築の一助となれるよう、社員一同誇りをもって社業の発展に邁進していきます。

灰塚ダム 厳木ダム 宮ヶ瀬ダム 大蘇ダム